目に見えないもの

昔々そのむかし、どうしても動かないプログラムがありました。このプログラム、実は私たちの目に見えないどこかに、変なコードが入ってしまって、そのコードが邪魔をして動かなかったんです。

まるで道の真ん中に透明の壁を作ったように。

今回サーバーのバックアップで同じ目にあいました。

使っていたのはbuffaloのTerastationというファイルサーバ。

1日1回直接USBでつなげたHDDにバックアップをとっていたのですが、そのバックアップ処理情報を記録したログファイルにエラーメッセージが書かれていました。

ログファイルには、「バックアップできないファイル名があります。それはxxxフォルダの「.b1(2011年2月修正:オンライン).html」というファイルです」と表示されているのですが、そのファイルがどうしても見つかりません。

フォルダを移動したり、ファイルをチェックしたり、といろいろ試してみたのですがわからず。

ある時ふと「BHXMBX~2」という変な名前のファイルがあることに気づき・・・。

実はこれが「.b1(2011年2月修正:オンライン).html」というファイル名の残骸(?お化け)だったようです。

見えない世界はリアルだけじゃなくてコンピュータでもあるようですよ!こういった見えないものが邪魔をすることがある、っていうこと、知っててもそんをしない、かも。

 

カテゴリー: ~2011年以前 パーマリンク

コメントは停止中です。