送信元アドレスを間違えた!署名を間違えた!わ、わ、わぁ!!

Gmailを使い始めてまず最初にぶち当たったのが下の3つ。

  • 今までBecky!でフォルダ分けをして使いなれていたので、フォルダ分けってどうやるの?ラベルで移動?ん???ということ。(これについては「」で)
  • 本当は使いやすいけど、慣れないと戸惑うスレッド表示(これについては後述)
  • そしてもう一つが送信元と署名の問題。

複数アカウントをGmailで使えるようにして、どのPCでもiPhoneでも自由にメールの読み書きができるぞと喜んだのもつかの間。「メールを作成」の新規メールで送信元メールアドレスを間違えること間違えること。これに関しては、間違えても問題のないGmailの個人アドレスを送信時のデフォルトにすることと、「メールを受信したアドレスから返信する」でなんとか解決したが、もう一つ問題。ん?署名はどこで指定するの?

Gmailの[設定]→「全般」タブ→[署名]では1つしか署名が登録できない。

検索すると同じ悩みの人が多いようで書いてくれている人がたくさんいた。その中の多くで『返信定型文は、作っておいた文章をボタンひとつでメッセージ内に書き込むことができるという優れモノ。複数署名の使いわけにも便利』という記事を見つけた。

Gmailでは、右上に試験運用のLabsというフラスコマークが用意されている。「返信定型文」はその試験運用の中にあり、クリック一つで簡単にインストールできる。

さっそく使ってみた。使い勝手も簡単で、便利に使える。

これでなんとか署名も問題なく使えるようになった。

が、実際は私の頭の中では、メールを送るために

  1. 送り先を設定して、件名とメッセージを書くという大変な作業に加えて
  2. 送信元を変更して
  3. 署名を書き直す

という余分な操作が加わって、半パニック状態・・・となったのでした!

※7/13現在、署名がメールアカウントごとに設定できるようになりました。詳しくは「わぉ~、Gmailでアカウントごとの署名がつけられる!
カテゴリー: ~2011年以前 パーマリンク

コメントは停止中です。