マウスカーソルの動きが突然鈍くなる

○現象:
突然、マウスカーソルの動きが、手の動きについてこなくなる。
メニューアイコンなどをクリックしようとしても、思った位置にとどまらないし、何回もクリックしてやっとクリックできたりする。
再起動すると直ることがほとんどだ。
○原因と修復方法:
マウスは裏返すとボールがついていて、このボールで中の部品を動かしてマウスの移動を認識させるボール式マウスや、光でセンスしてカーソルを移動させる光学式マウスなどいろいろな種類があります。
ボールのついている形状のものはボールとマウスの間にごみがたまって、空回りするような感じで動きが悪くなることがあります。そんな時はボールを取り出せるようになっているので、ごみを排除してみましょう。ただし、今回の場合は、光学式でごみがたまるはずもなく、「もしかして誰かが侵入して私のパソコンで悪さをしている?」と、ふと思ったのですが、調べてみるとCPU負荷がかかっているわけでもなく、マウスを別のものにして様子を見ることにしました。別のマウスを使うようになってからは快調で、なんに問題も出ていません。
どうやら、パソコンとマウスがちょっと離れているために長いマウスケーブルを利用していることと、時々その間でものが邪魔してマウスケーブルを引っ張ったりしていたためにマウスケーブルが中で接触不良を起こし、何回もトライするために時間がかかってしまっているだけのようでした。
ネットワークケーブルのようにケーブルが問題になることは多々ありますが、マウスケーブルやキーボードケーブルでのトラブルはあまり聞いたことがなかったのですが、ケーブルが断線することはありえることなので、あまり長いケーブルを引き回したりするような配置にしないこと、むやみに引っ張ったりしないこと、に注意しましょう。
なお、赤外線や電波でデータをやり取りする、ケーブルなしのワイヤレス マウスも最近は多くなっています。

カテゴリー: ~2006年以前(旧サポート日誌) パーマリンク

コメントは停止中です。